冷却装置の役回り

車を動かす起点となっているのは、いうまでもなくエンジンです。
エンジンは、燃料を爆発させて、そのエネルギーから動力を発生させるというメカニズムになっています。
高温を伴う爆発が何回も連続しますので、長時間にわたって運転を行なうときは、常に適切な温度に冷却しておかないと、エンジンが損傷を受けてしまうのです。
ラジエターをはじめとする冷却装置が、ここでエンジン冷却のための重要な役割を果たしています。
国産車のほとんどは水冷式の装置を採用しています。
水冷式の原理は、シリンダーのまわりに冷却水の入る部分を確保して、そこに冷却水を循環させて冷却するという方法です。
しかし、単に循環させるだけでは、温度が下がりませんので、ラジエターをつけて、冷やしているのです。
冷却のための装置は、ラジエターのほか、ラジエターホース、ウォーターポンプ、サーモスタット、冷却ファンなどで成り立っています。
そして、ラジエター本体部分には、冷却水を通過させるための細い通路がたくさん用意されています。
通路の表面積を広くすることによって、冷却効果をより高めるためなのです。
また、車が走行中は外気で温度を下げることが可能ですが、渋滞で止まっているときは、外気だけでは冷却が十分でないことがあります。
そのため、冷却ファンが設置されていて、ラジエターを通る空気の量を多くして、冷却作用を強めています。

コメントは受け付けていません。