吸排気装置の役回り 

エンジンを作動させた場合、常に空気を吸って排気をしています。
吸排の役割をしているのがインテークマニホールド・エキゾーストマニホールド・ターボチャージャースーパーチャージャーなどの吸排気装置です。
エンジンは、ピストンの上下運動によって吸気・排気が行われます。基本的にはピストンが下がる時に吸気をして、ピストンが上がる時に排気をします。
インテークマニホールド(インマニ)とは、燃焼室に混合気を導入するための多岐管のことで、エキゾーストマニホールド(エキマニ)とは、複数の燃焼室からの排気をまとめて排気管に渡すための多岐管のことです。
エンジンから排出された燃焼ガスは、エキマニ・触媒・エキゾーストパイプ・サイレンサーを順番に通過して車外に排出されます。
ターボチャージャーやスーパーチャージャーは、内燃機関(エンジンなど)の熱効率を高めるために利用される過給機のことです。
ターボチャージャーは排気ガスの力でターボをまわし、スーパーチャージャーはエンジンの力を一部利用してチャージャーをまわします。
スーパーチャージャーは、小排気量のクルマをトルクアップするのに向いているので、よく軽自動車についています。
ターボチャージャーは、中大排気量のクルマをパワーアップするのに向いています。
自動車も社会の一部です。人間や工場同様に、自動車も綺麗な空気を吸って、綺麗な排気をすることが、自動車や環境には重要な事になります。

コメントは受け付けていません。