エンジン本体の役回り

自動車が走行する上での推進力を引き出すのがエンジン本体の役割となっており、最近は新しく電気自動車やハイブリッド車などが開発されており、その構造がやや複雑になっていますが、以前よりガソリンとディーゼルのエンジンが多いです。エンジンを起動させる上では燃料が必要となり、ガソリン車ならガソリン、ディーゼル車なら軽油となります。

エンジンの起動には、順番に燃焼行程、排気行程、吸気行程、圧縮行程の4つの行程があり、4ストローク機関が一般的です。この4ストロークを一瞬のうちに行い、エンジンの回転計の数字が高いほど4ストロークを沢山行なっていることとなっています。

まず燃焼行程においては、エンジンの起動においては点火プラグにより、燃料に火をつけることで圧力を作り出し、それでピストンを押し下げます。次に排気行程では、燃焼された排気ガスが排気バブルより排出され、吸気行程では空気を吸気バルブから吸い込み、それを圧縮行程ではピストンが上昇することで圧縮して、また運動エネルギーを作り出して、推進力を得る訳です。

なおディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いについては、ピストンにより圧縮して運動エネルギーを得る訳ですが、空気を圧縮するのがディーゼルエンジン、燃料と空気を合わせた混合気を圧縮するのがガソリンエンジンとなります。

コメントは受け付けていません。