エンジンヘッドの担う役回り

エンジンヘッドとは、シリンダーヘッドとも呼ばれており、ピストンが上下するシリンダーブロックの上部に置かれる部品で、ピストンの頂面とともに燃焼室を形成しています。ヘッドには吸排気装置のほか、ガソリン車ならば点火装置、ディーゼル車ならば燃料噴射装置が取り付けられ、複雑で部品点数が多い部分で、重要な役割を担っています。なお、ヘッドとブロックの間には、ガスケットという部品が挟み込まれており、燃焼圧力やガスが逃げないようにしてあります。
ガソリンエンジンのヘッドには、吸排気装置のバルブなどを納めるための凹みが設けられており、この部分が燃焼室になります。燃焼室の形には、バスタブ型、楔形、半球型、多球型(ハート型)などがあります。また、ディーゼルエンジンの燃焼室には、シリンダーヘッドに凹みがある単室式と、ヘッドに設けられた副燃焼室に燃料を噴射する副室式があります。
燃料を吸入したり燃焼ガスを排気したりするバルブもヘッドに取り付けられており、このバルブを開閉するのにカムシャフトが使われています。カムシャフトはタイミングベルトやタイミングチェーンによって、エンジンの回転の二分の一の回転数で回転します。
なお、燃焼室を形成しているヘッドにとって冷却は重要であり、ヘッド内部には、ウォータージャケット(冷却水通路)とオイルギャラリ(オイル通路)が設けられています。

コメントは受け付けていません。