動力伝達系の役回り

自動車の仕組みはエンジンで作り出された回転エネルギーを車輪に伝え、タイヤが地面の上を回転することにより走ることができるというものです。エンジンの回転エネルギーを車輪に伝える役割を果たしている装置全体のことを動力伝達系といい、クラッチ、変速機、デファレンシャルなど幾つかの部分から成ります。クラッチはエンジン始動や停止時など、走行しないときにエンジンの回転が車輪に伝えるのを遮断する装置です。走行時についてですが、エンジンはある限られた回転数で最も効率良く回転エネルギーを生み出すことができます。走行時にエンジンの回転数が低すぎたり高すぎたりすると燃費が悪くなったり、必要な力を発生させることが出来なくなります。このため、様々な速度でもエンジンにとって最も効率の良い回転数で走行し続けることができるようにしたり、後進する際には走行時と逆向きの回転を車輪に伝えるようにするために、回転を変換する装置が変速機です。自動車が曲線を曲がっている際に左右の車輪の回転半径が異なり、外側の車輪の方が内側よりも円周が長くなる分だけ、外側の車輪の走る距離が長くなります。このためデファレンシャルという装置により、自動車の転回時に外側の車輪を内側よりも多く回転させて円滑に走行できるのです。

コメントは受け付けていません。