自動車解説目録

炎02
自動車の外装部品や内装に使われている製品、それぞれを細かく見ていきます。いわゆる解体新書です。車には必ずタイヤが付いています。4輪が基本形で、大型車になると後輪左右に2つずつ付いていることが事実です。また、タイヤを車体に取り付けるには、専用工具を使います。車に収納しておくことが義務付けられているので、取り出してその場でタイヤの交換が可能です。ボンネットを開けると、機械類が積み込まれています。エンジンやバッテリー、一見すると何に使うのか分からない液体を保管している箇所も確認することが可能です。これらは車を動かすために必要なものばかりなので、たとえば異臭がしたり液体の残量が足りないと感じたら最寄りの店舗に立ち寄って点検をして貰う必要があります。車の中に入ると、運転席には足元にペダルが配置されていることがしばしばです。これらは発進と減速を行うために必要なもので、足で踏み込んで操作します。運転席で目線を前に移すと、ハンドルが確認可能です。これは手で握り、左右に回転させると車も同じ方向に曲がるのです。運転席からさらに目線を左右に向けると、サイドミラーが見えます。これを利用して、後方の安全が確認可能です。